電化厨房機器性能指標基準

 (一社)日本エレクトロヒートセンターの電化厨房委員会では、電化厨房施設は、燃焼がなく建築基準法の火気使用室に該当しないため、換気量を低減できる可能性があることに着目し、詳細な試験結果をもとに、新たな換気設備設計指針を制定しました。
 換気量を低減することで、空調量も低減でき、ZEBを目指した省エネルギー化に有効な手段となることが期待されます。
 本指針の"わかりやすく”て"合理的”な換気設計法を多くのユーザーおよび設備設計者などの方々にご活用いただき、より快適で省エネな電化厨房施設を実現して頂ければ幸いです。


TOPへ戻る