以上から、これまで私どもの進めてきたことをまとめると、まず、各厨房機器からの発生負荷の問題はある程度明確になってきたのではないかと思います。(図41参照)


戻る 次へ
TOPへ戻る