本の表紙画像

改正「学校給食法」への対応策を徹底解説

「学校給食施設計画の手引き」タイトル文字

監修/金田雅代氏(女子栄養大学短期大学部 教授)
発行/(株)生活デザイン研究所 価格/980円(税込み)

ご購入はこちらから

昭和29年以来の大幅な改正となった「学校給食法」が平成21年4月に施行され、食育推進の生きた教材としての学校給食を安全・安心に提供するために「学校給食衛生管理基準」が法律として位置づけられました。 本書は、これらの改正主旨を踏まえた、施設・設備計画の具体的な対応ポイントをまとめた手引き資料です。
学校給食に携わられる全ての関係者の皆さまにお薦めします。

第1章:「学校給食法」改正と今後の施設計画のあり方

1.「学校給食法」改正の経緯と概要

  • (1)はじめに
  • (2)学校で取り組む食育を重要視するのは
  • (3)新学習指導要領と食育
  • (4)学校給食法の改正
  • (5)学校給食衛生管理基準策定の経緯

「学校給食法」改正の経緯

学校給食改正法の経緯


「学校給食法」改正の目的と定義

「学校給食法」改正の目的と定義

2.「学校給食衛生管理基準」の概要

「学校給食衛生管理基準」策定の意義

「学校給食衛生管理基準」策定の意義


学校給食における食中毒発生状況

学校給食における食中毒発生状況

学校給食における原因別食中毒発生状況の推移(平成8年〜平成21年)

学校給食における原因別食中毒発生状況の推移(平成8年〜平成21年)

  • (1)「学校給食衛生管理基準」の主な改正点
  • (2)「学校給食衛生管理基準」に示された施設・設備

3.今後の学校給食と施設管理のあり方

  • [重点ポイント]
  • 1)動線計画の重要性
  • 2)厨房機器選定の重要性
  • 3)建物設備の重要性
  • 4)省エネ・省コストの重要性
  • 5)施設運営の重要性

コンテンツ内容の詳細は、マニュアル冊子でご確認ください。

ご購入はこちらから

TOPへ戻る