1. HOME
  2. 「病院給食施設の設計マニュアル」ダイジェスト
  3. 2.各章のコンテンツ内容と要点の抜粋
  4. 第2章 計画手順

(2)要点の抜粋

2-2-1 基本理念および計画・運営コンセプトの立案

病院給食システムの計画にあたっては、実現を目指す食事提供サービスの基本理念と、それを具現化するためにハード・ソフトの方向性ならびに構成骨子を示す計画・運営コンセプトの作成が重要な鍵となる。

(1)基本理念
これから構築するハード・ソフトのシステムを活用することで実現を目指す食事提供サービスの基本理念を作成。
病院関係者の基本理念の共有が、建築設計者等の外部関係者の能力を効果的に引き出し、完成度の高い病院給食システムを構築。
(2)計画・運営コンセプト
優先的に配慮すべきテーマと条件項目の設定、給食業務における運営方式、調理・配膳・洗浄方式の選択が主な内容。
計画・運営コンセプトは、病院給食システムの骨格を決定するものであり、計画関係者との十分な協議が必要。

2-2-2 計画・運営条件の整理

病院給食システムの計画・運営コンセプトを実現するためには、計画・運営に関わる諸条件を確認・整理しておく必要がある。確認・整理しておくべき諸条件は、以下の6つの項目を基本とする。

(1)施設条件: 病床数、建設地、建物規模等の基本的な病院施設条件
(2)既存条件: 既存施設における病院給食システムの運営状況、課題点等の条件
(3)運営条件: 新施設における病院給食システムの運営条件
(4)衛生条件: 新施設における病院給食システムの衛生管理に関わる条件
(5)建築条件: 必要諸室、内装仕上げ等の建築計画に関わる条件
(6)設備条件: 熱源選別、空調・換気方式、給排水方式等の設備計画に関わる条件

コンテンツ内容の詳細は、マニュアル冊子でご確認ください。

ご購入はこちらから

TOPへ戻る